不整脈の予防

講座

不整脈の原因は様々です。
しかし、日常生活のなかで予防をすることも可能です。

本記事では、不整脈の予防について解説します。

不整脈の予防

不整脈を予防する日常生活での方法として…

  • 喫煙を避ける
  • 適度な運動をする
  • 飲酒を控える
  • 過剰なストレスを避ける
  • 食生活に気をつける

…があげられます。
以下にそれぞれ解説します。

喫煙を避ける

喫煙は、心筋の酸素欠乏状態を引き起こすため、不整脈を引き起こす可能性があります。
また、喫煙により心房細動を引き起こしやすくなることが報告されています。

適度な運動をする

不整脈の予防として、適度な運動をすることがあげられます。
ただし不整脈のタイプによっては、運動により発作が減るもの、逆に運動が発作を誘発するものがあるので注意が必要です。

飲酒を控える

不整脈の予防として、飲酒を控えることがあげられます。
平均2合(約4ドリンク)以上の飲酒をすると、心房細動の罹患リスクが約2倍になると報告されています。

過剰なストレスを避ける

不整脈の予防として、ストレスを避けることがあげられます。
ストレスは、交感神経の興奮を促し、心拍数や血圧を上昇させるため、不整脈を引き起こす可能性があります。
ストレスを軽減するためには、適度な運動や睡眠時間の確保、リラックスする時間を作ることが重要になります。

食生活に気をつける

不整脈の予防として、食生活に気をつけることがあげられます。
ビタミンCやカルシウムの摂取は、ストレスの蓄積防止に効果があります。
また、地中海食と呼ばれる食事が、不整脈の一次予防(病気がそもそも起こらないようにすること)にも二次予防(一度起きた病気の再発を防ぐこと)にも効果的です。

不整脈を予防するためには、日頃から食生活を工夫することが大切です。

月並みな予防方法だけど、不整脈や心臓の不調という命に直接関わるってことへの理解を促すと、行動化につながるかもしれないね!
あとはどう習慣化につなげるか?もリハビリセラピストが関わる部分でしょうね!

タイトルとURLをコピーしました