棘下筋(きょくかきん)- 起始・停止・支配神経・血液供給・主な働きや作用

棘下筋は肩の安定と外旋を司る重要な筋肉で、日常の動作やスポーツのパフォーマンスに欠かせません。
本記事では棘下筋について解説します。


棘下筋の起始・停止

起始 肩甲骨の棘下窩
停止 上腕骨の大結節

棘下筋の起点は主に棘下窩の内側3分の2ですが、窩の隆起からの腱線維や、棘下筋を覆う棘下筋膜の深部表面からも線維が生じています。
これらの線維は棘下筋を大円筋や小円筋から分離する役割も担っています。

起点からの線維は、肩甲骨の上外側端に向かって狭い腱に収束します。
この腱は肩の後側を横切り、最終的に上腕骨大結節に停止します。
また、一部は肩関節包の後部に挿入されることで、肩関節の安定性にも寄与しています。

棘下筋は肩の構造の中で非常に重要な筋肉であり、肩の動きや安定性に大きく寄与しているんだ!
その複雑な起始点や筋線維の経路、そして多様な機能は、肩関節が人体で最も動きの範囲が広い関節の一つであることを可能にしているんですね!

棘下筋の神経支配

神経支配 肩甲上神経(C5、C6)

肩甲上神経は、腕神経叢の上部幹から生じる小さな神経で、特にC5とC6の神経繊維に由来します。
この神経は、肩甲骨の上方を横切って棘上筋と棘下筋に至り、これらの筋肉を支配します。

棘上筋と棘下筋は、肩の動きに不可欠な筋肉であり、肩の安定性と動きを支援します。

棘下筋と棘上筋の支配神経である肩甲上神経は、腕神経叢の一部としてC5とC6の脊髄神経に由来するんだ!
この神経は、肩の重要な動作と安定性を支えるこれらの筋肉に直接影響を及ぼし、肩関節の健康と機能に不可欠な役割を果たしているんですね!

棘下筋の血液供給

血液供給 肩甲上動脈
肩甲回旋動脈

棘下筋は…

  • 肩甲上動脈
  • 肩甲回旋動脈

…から動脈血供給を受けます。
それぞれ解説します。

肩甲上動脈(Suprascapular artery)

肩甲上動脈は、主に肩甲骨の上方を走行し、棘上筋と棘下筋に血液を供給します。
この動脈は、腋窩動脈(Axillary artery)から起こり、肩甲骨を横切る過程で複数の枝を分け、筋肉や周辺組織に酸素や栄養素を運んでいます。

肩甲回旋動脈(Circumflex scapular artery)

一方、肩甲回旋動脈もまた腋窩動脈から発生し、肩甲骨の周囲を回旋するように走行して、棘下筋に血液を供給します。
この動脈は、特に肩甲骨の下部と後部に位置する組織に重要であり、その走行により、棘下筋を含む多数の筋肉や、その他の周辺組織へと血液を運んでいます。

肩甲回旋動脈の供給は、筋肉の持久力と回復力を高めるのに特に重要であり、激しい運動後の筋肉の修復プロセスを助けます。

これらの動脈からの血液供給が適切に行われることで、棘下筋は正常に機能し、肩の安定性と動きを維持することができるんだ!
運動や日常生活における肩の健康を保つためには、これらの血管の無事が不可欠なんですね!

棘下筋の主な働き

機能 肩関節:肩関節の外旋
関節窩内での上腕骨頭の安定

棘下筋の主な働きは…

  • 肩関節の外旋
  • 肩関節の安定

…になります。
それぞれ解説します。

肩関節の外旋

棘下筋の肩関節の外旋における役割は、肩の動きにおける重要な側面です。
外旋とは、腕が体の中心線から外側へ回る動きを指し、特にオーバーヘッドアクティビティや投球動作などで重要となります。
棘下筋はこの動きを実現するための原動力であり、肩関節を外側に回旋させることによって、腕の広範囲な動きをサポートします。
この筋肉の活動は、特にオーバーヘッドのポジションで腕を使用するスポーツや日常活動において、精度と力を必要とする動作に不可欠です。

棘下筋による外旋の促進は、上腕骨頭が肩関節窩にしっかりと収まるようにし、関節の安定性を保ちながら、効率的な動きを可能にします。

肩関節の安定

棘下筋による肩関節の安定化機能は、この筋肉のもう一つの主要な働きです。
肩関節は人体で最も可動域が広い関節の一つであり、その動きの自由度を可能にするためには、筋肉による精密な制御が必要です。
棘下筋は、腕が外転される際に上腕骨頭を関節窩に押し込むことでこの安定性を提供します。
特に、腕を上げる動作の際には、棘下筋が活動して上腕骨頭を下方に引きつけ、関節窩に対して適切な位置を保ちます。
この機能は、肩関節の脱臼や不安定性を防ぐ上で極めて重要であり、腕の動きをスムーズにし、怪我のリスクを低減します。

棘下筋のこの安定化作用は、日常生活におけるさまざまな動作やスポーツパフォーマンスにおいて、効果的な肩関節の使用を可能にします。

ちなみにローテーターカフの各筋肉には独自の牽引軸があります。
これによって上腕骨を凹面である関節窩に押し込むみ、脱臼を防ぐ安定化メカニズムとして機能しています。

肩関節が外転すると、棘下筋は小円筋とともに作用し、三角筋が骨頭を上方に引っ張る動きに拮抗します。
その結果関節窩に対しての上腕骨頭の安定化に働きます。
また、これによって上腕骨頭の上方への変位と烏口突起への衝突が防止されます。

棘下筋は、肩関節の外旋と安定に不可欠な役割を果たし、日常生活やスポーツ活動における腕の効率的な動きを支えるんだ!
この筋肉の機能は、肩の健康を維持し、動きの範囲を最大化する上で重要なんですね!

関連文献

タイトルとURLをコピーしました