改訂水飲みテスト(MWST)- 目的と方法、判定基準やカットオフ値について

目的と方法、判定基準やカットオフ値について 検査

改訂水飲みテストとは、嚥下障害の疑いがあるクライアントに対して行う嚥下機能のスクリーニング検査になります。
今回は「改訂水飲みテストの目的と方法、判定基準やカットオフ値」について解説します。


改訂水飲みテストとは?

改訂水飲みテストとは?
“改訂水飲みテスト”とは、被験者の嚥下機能評価のためのスクリーニング検査の一つです。
その他に“反復唾液嚥下テスト”や“水飲みテスト(窪田式)”、“フード(食物)テスト”などがあります。

改訂水飲みテストを英語ではなんと言う?

改訂水飲みテストを英語ではなんと言う?
改訂水飲みテストは英語では、“Modified Water Swallowing Test”と表記され、“MWST”と略されて臨床では使用されます。

改訂水飲みテストの目的について

改訂水飲みテストの目的
改訂水飲みテストの目的としてはいくつかありますが、

  • 被験者の嚥下機能の程度をスクリーニング的に把握するため
  • 被験者にとって適切なおおよその食物形態を把握するため

…とされています。

水飲みテスト(窪田式)との違いは?

水飲みテスト(窪田式)との違い
水飲みテスト(窪田式)の場合、使用する水の量が30mlであるため、急性期のクライアントや重度の摂食・嚥下障害を有する被験者にとっては誤嚥のリスクが高い検査であることが問題でした。
そのため、3mlと少ない水の量でも可能な改訂水飲みテストが開発された…という経緯があるようです。

臨床でも、リスクが高い被験者に対しては改訂式水飲みテストを行い、問題がない場合に改めて30mlを使用する窪田式の水飲みテストを行うことが薦められています。

リスクの問題を考えれば、3mlのMWSTで評価を始めるほうがよいだろうね!
評価の段階で誤嚥したら元も子もないですからね。

改訂水飲みテストの方法について

改訂水飲みテスト,方法
改訂水飲みテストの実施方法は…

  1. 3mlの冷水を被験者の口腔内に入れる
  2. 被験者に嚥下してもらう
  3. 嚥下反射誘発の有無、むせ、呼吸の変化を評価する
  4. 判定基準を基に、4点以上なら最大2回(合計3回)繰り返す
  5. 最も悪い場合を評価結果として記載する

…となります。

改訂水飲みテストの判定基準

改訂水飲みテストの判定基準
改訂水飲みテストの判定と評価基準については以下のとおりになります。

判定 評価基準
判定不能 口から出す、無反応
1a 嚥下なし、むせなし、湿性嗄声あるいは呼吸変化あり
1b 嚥下なし、むせあり
2 嚥下あり、むせなし、呼吸変化あり
3a 嚥下あり、むせなし、湿性嗄声あり
3b 嚥下あり、むせあり
4 嚥下あり、むせなし、湿性嗄声・呼吸変化なし、追加嚥下不可
5 4に加えて追加嚥下運動が30秒以内に2回以上可能

改訂水飲みテストのカットオフ値

改訂水飲みテストのカットオフ値
カットオフ値を3点とすると、誤嚥有無判別の感度は 0.70、特異度は 0.88 とされているようです1)

改訂水飲みテストの注意点

改訂水飲みテストの注意点
改訂水飲みテストを行う際の注意点については以下の通りになります。

  • 「被験者に嚥下してもらう」の際、可能であれば追加して2回嚥下運動をさせその可否を評価します。
  • 口腔内に水を入れる際には咽頭に直接流れ込むのを防ぐために、舌背には注がず必ず口腔底に水を入れてから嚥下させます。
  • 被験者が脳血管障害など中枢性疾患不顕性誤嚥の可能性もあるので注意する

誤嚥は肺炎や廃用症候群のリスクにつながるから、評価の段階でしっかり行っておく必要があるだろうね!
評価をしっかりしておくことで、予防につながりますからね!

参考

1)摂食嚥下障害の評価【簡易版】2015

タイトルとURLをコピーしました