集団作業療法の注意点

集団作業療法を行う場合、いくつか注意することがあります。
本記事では集団作業療法の注意点について解説します。


集団作業療法の注意点

では臨床で集団作業療法を行う場合、どんな点に注意する必要があるでしょうか?
ここでは…

  • メンバー構成の配慮
  • ファシリテーションの質
  • 目的適合性
  • 集団の流れの中で個々のニーズにも配慮する
  • 困難事例への対策

…について解説します。

メンバー構成の配慮

年齢、性別、障害の程度などを考慮します。
特に集団内の人間関係や力動的影響に留意する必要があります。

作業の難易度調整

またメンバーの能力に応じた作業設定が必要です。
できる限り集団作業療法によって成功体験が得られるように配慮する必要があります。

ファシリテーションの質

集団の構成メンバーや流れを適切に把握する洞察力セラピスト側には求められます。
介入のタイミングと方法を柔軟に調整することが重要です。

目的適合性

集団/個人療法の目的に照らした適切なプログラム構成が必要です。
個別ニーズへの対応を考慮します。

集団の流れの中で個々のニーズにも配慮する

集団の流れに組み込みつつ、個別ニーズにも注意を払う必要があります。

困難事例への対策

集団への適応が難しい場合に備え、個別対応の準備をしておくことも重要です。

これらの点に留意しながら、効果的な集団作業療法を進めることが必要です。

事前にどんな注意点があるか、想定されるトラブルは何か?をスタッフ間で共有しておくと対処しやすいだろうね!
参加するスタッフでも役割を決めておくとよいかもしれませんね!

もしこの記事に修正点やご意見がございましたら、お手数ですがお問い合わせまでご連絡ください。 皆様の貴重なフィードバックをお待ちしております。
講座
THERABBY
タイトルとURLをコピーしました