Speed’s test- 検査目的・評価方法・評価点・判断基準について

検査

“Speed’s test”は、上腕二頭筋長頭腱炎を調べる整形外科的な検査方法の一つです。
本記事ではこの検査目的や方法などについて解説します。


Speed’s testとは?

Speed’s testは、上腕二頭筋長頭腱炎を調べる整形外科的な徒手的検査方法です。

上腕二頭筋は、上腕部に位置する筋肉で、「長頭」と「短頭」の2つの部分で構成されています。
この検査は、上腕二頭筋の長頭部に何らかの問題があるかどうかを確認するための方法になります。

Speed’s testの検査目的

Speed’s testの目的は次の通りです。

  • 上腕二頭筋の長頭部に何かしらの問題があるかどうかを調べること。
  • 上腕二頭筋長頭腱炎、上腕二頭筋長頭腱断裂、上腕二頭筋長頭腱脱臼などの病気を診断すること。
  • 患者さんの痛みや不快感を軽減するために、適切な治療法を選択すること。

Speed’s testの検査方法

ここではSpeed’s testの検査方法について解説します。
検査の流れとしては次の通りになります。

  1. 被験者は立位で検査肢位(肩関節90度屈曲、外旋位、肘関節伸展位、前腕回外位)になる
  2. 検者は被験者の上肢に下方向の力を加える
  3. 上腕骨結節間溝部の痛みを確認する

以下に詳しく解説します。

1.被験者は立位で検査肢位になる

被験者は立位で検査肢位である…

  • 肩関節90度屈曲位
  • 肩関節最大外旋位
  • 肘関節伸展位
  • 前腕回外位

…になります。

2.検者は被験者の上肢に下方向の力を加える

検者は被験者の前方から、上腕骨結節間溝を触診しながら、もう片方の手で上肢の遠位部に下方向の力を加えます。
被験者はこれに抵抗します。

3.上腕骨結節間溝部の痛みを確認する

上腕骨結節間溝部に限局した痛みを訴えた場合は陽性となります。

Speed’s testの診断学的有用性

Speed’s testにおける診断学的有用性については次の通りになります。

著者 信頼性 感度 特異度 陽性尤度比 陰性尤度比
Micheroli R,et al(2015) Kappa=0.19 47 75 1.88 0.71
Lasbleiz S,et al(2014) NR 83.3 36.4 1.3 0.46
Gill HS,et al(2007) 50 67 1.51 0.75
Adic F,et al(2006) 69.2 60 1.73 0.51
Ostor AJ,et al(2004) NR NR NA NA

NR:報告なし NA:該当なし

上腕二頭筋の長頭部に特化した検査といえるね!
解剖学の基本を押さえていないと、理解しにくいかもしれませんね!」

参考

Hung, Sheng, Chen., Shu, Hsien, Lin., Yen, Hsia, Hsu., Shih, Ching, Chen., Shih, Ching, Chen., Jiunn, Horng, Kang., Jiunn, Horng, Kang. (2011). A Comparison of Physical Examinations with Musculoskeletal Ultrasound in the Diagnosis of Biceps Long Head Tendinitis. Ultrasound in Medicine and Biology, 37(9):1392-1398. doi: 10.1016/J.ULTRASMEDBIO.2011.05.842

関連文献

タイトルとURLをコピーしました