褥瘡とは? – 定義・原因について

講座

褥瘡(読み方は”じょくそう”)は身体障害の領域のリハビリセラピストにとっては非常に対応を必要とされる場合が多くあります。
そこで本記事では、褥瘡とはなにか?について解説します。


褥瘡とは?

褥瘡(じょくそう)の定義は、身体に加わった外力は骨と皮膚表層の間の軟部組織の血流を低下、あるいは停止させる。 この状況が一定時間持続されると組織は不可逆的な阻血性障害に陥り褥瘡となる。…とされています。
つまり臨床的には、長期にわたり同じ姿勢でいる場合に、体と支持面との接触局所で血行不全となり、その結果周辺組織に壊死を起こすもの…となります。

褥瘡の原因

では、この褥瘡の原因とはどのようなものになるのでしょうか?
ここでは、褥瘡の主な原因として次の4つにまとめます。

  • 機能障害
  • 外的因子
  • 内的因子
  • 間違ったケア

以下に詳しく解説します。

機能障害

褥瘡の原因として…

  • 可動性の低下
  • 活動性の低下
  • 知覚認知の障害

…といった機能障害によるものがあげられます。
この機能障害を引き起こす背景には脳血管障害といった疾患があります。
機能障害が原因で、接触面との圧迫を起こし褥瘡を発生してしまうというプロセスになります。

外的因子

褥瘡の原因としての外的因子ですが、例として…

  • 骨突出
  • 関節拘縮
  • 皮膚の湿潤
  • 浸軟摩擦
  • ズレ

…などがあげられます。
つまり、こういった外的因子によって皮膚組織の耐久性の低下や損傷を引き起こし、接触面との圧迫の増大を招き褥瘡に発展してしまいます。

内的因子

また、褥瘡の原因としての内的因子ですが…

  • 低栄養
  • 加齢
  • 血圧の低下

…などもあげられます。
こういった身体の内的な原因によって組織の耐久性の低下や損傷を招き、褥瘡を引き起こすことにつながります。

間違ったケア

褥瘡の原因は本人の機能や状態のみならず、間違ったケアという環境因子によっても引き起こされます。

  • 侵害刺激に近いマッサージ
  • 粘着テープ

…などが、リハビリテーションをはじめとした医療の現場における褥瘡の原因にあげられます。

褥瘡はあくまで二次的に発生するもの…という考え方を基本にする必要があるだろうね!
つまり確実に予防できるものだからこそ、褥瘡の発生には医療者、介護者側に責任があるってことを念頭に置くべきでしょうね!

関連文献

タイトルとURLをコピーしました