不整脈とは? – 定義・発生機序について

講座

不整脈は心臓のリズム異常であり、重要な影響を及ぼす可能性があります。
これはリハビリセラピストにとって不可欠な知識であり、適切な評価や治療計画の立案に必要になります。

そこで本記事では…

  • 不整脈の定義
  • 不整脈の発生機序

…について解説します。

不整脈の定義

不整脈(arrhythmia)とは、心臓の拍動のリズムが不規則であったり、極端に頻度が高かったり少なかったりする状態を言います。

不整脈の主な種類と分類

不整脈には…

  • 頻脈
  • 徐脈
  • 期外収縮

…の3つがあります。
以下にそれぞれ解説します。

頻脈

頻脈とは、心臓の拍動の頻度が通常よりも速い状態を指します。
1分間に100回以上の脈拍数を持つ場合を指し、病気に由来するものと、生理的なものがあります。

運動や精神的興奮、発熱により脈が速くなることは生理的な頻脈といえます。
一方、心臓が正常に機能していない場合に起こる頻脈はすぐに医師の対応が必要になります。

徐脈

徐脈とは、心臓の拍動の頻度が通常よりも遅い状態を指します。
1分間に50回以下の脈拍数を持つ場合を指し、病気に由来するものと、生理的なものがあります。
徐脈の自覚症状としては、息切れやだるさ、足のむくみ、めまい・失神などがあります。

徐脈が起こる原因は、心臓の電気信号が正常に伝わらないことが原因であることが多く、高齢者や心臓疾患を持つ人に多く見られます。
徐脈は命に関わることはあまりありませんが、脳への血流が不足することでめまいや失神などを起こす場合があります。

期外収縮

期外収縮とは、心臓が通常のリズムから外れ、予期せぬタイミングで収縮することを指します。
これは心臓の異常な電気信号によって引き起こされることが多く、運動不足やストレス、飲酒や喫煙などの生活習慣によっても引き起こされることがあります。

不整脈はどのように発生する?

そもそも心臓の拍動は、心臓の中を電気信号が規則正しく走ることで鼓動が一定に保たれています。
しかし、その電気信号の流れに変化が起こると、結果として不整脈が起こってしまいます。

これは必ずしも心臓の明らかな病気があって起こるわけではなく、体質や疲労やストレス、加齢なども間接的に影響している場合があります。
また一部には、心筋梗塞や心不全などの心臓が悪くなってしまう病気が原因になることで起こる不整脈もあります。

不整脈はその背景に心臓の何かしらの疾患が隠れている場合があるから、運動や生活動作を管理するセラピストにとっては注意しておく全身症状といえるね!
不整脈といってもその種類は様々ですから、その患者さんがどのタイプなのかをしっかりモニタリングしておく必要もありますね

タイトルとURLをコピーしました