長内転筋- 起始・停止・支配神経・血液供給・主な働きや作用

長内転筋は太ももの内側に位置し、股関節の内転と太ももの外側回転、屈曲に重要な役割を果たします。
本記事では長内転筋について解説します。

長内転筋の起始・停止

起始 恥骨本体、恥骨稜より下、恥骨結合の外側
停止 大腿骨粗線

長内転筋は、太ももの内側に位置する三角形の筋肉で、股関節の動きに関与しています。
この筋肉は恥骨の前面、恥骨稜の下方および恥骨結合の外側から起こり、大腿骨の粗面の中央部分の内側縁に停止します。
停止部は長内転筋の下方であり、広筋の起点と大腿四頭筋の内側広筋の起点の間に位置します。

この筋肉は特に歩行や走行時の脚の内側への引き寄せに重要な役割を果たし、安定した動きをサポートするんだ!
また、急激な方向転換を行うスポーツにおいても、長内転筋は重要な機能を担っており、その強化と柔軟性の維持が求められますね!

長内転筋の支配神経

神経支配 閉鎖神経(L2-L4)

長内転筋は、閉鎖神経の前方分岐によって支配されています。
この閉鎖神経は腰神経叢の一部であり、大腰筋の内側を下って骨盤に入ります。
その後、共通腸骨血管の後ろと内腸骨動脈および尿管の外側を走り、骨盤の側壁を通って閉鎖孔の上部に達します。
閉鎖孔を通過した後、閉鎖管に入り、前後の枝に分かれます。

これらの枝は外閉鎖筋と短内転筋によって分けられます。

閉鎖神経の後枝は外閉鎖筋を貫通し、短内転筋および大内転筋を支配します。
また、上部大腿内側に感覚を供給します。

前枝は外閉鎖筋の前を走り、長内転筋と恥骨筋の後ろを走ります。

閉鎖神経の支配は、特に内転筋群の運動機能を正常に保つために重要なんだ!
この神経の損傷は内転筋群の機能障害を引き起こし、歩行や運動時の安定性に影響を与える可能性がありますね!

長内転筋の供給血管

血液供給 深大腿動脈・閉鎖動脈

長内転筋の血液供給は、二つの動脈から供給されます。
一つは大腿動脈の枝である深大腿動脈、もう一つは内腸骨動脈の枝である閉鎖動脈です。

筋肉の近位部は、深大腿動脈の枝である内側大腿回旋動脈によって供給されます。
深大腿静脈は、動脈の枝に対応する部分からの枝静脈を受け取ります。

この豊富な血液供給により、長内転筋は運動中の持続的な要求に応えることができ、筋肉の回復と成長を促進するんだ!
適切な血流は、筋肉の健康と機能を維持するために重要なんですね!

長内転筋の機能・働き

機能 股関節:屈曲・内転・外旋
骨盤の安定化

内転筋群の主な機能は、股関節で太ももを内側に引き寄せる内転の運動にあります。
長内転筋はまた、股関節の外旋や屈曲にも参加します。

立っている際に姿勢を安定させる助けとなり、歩行中には下肢で体をバランスさせる重要な役割も担っています。

内転筋群のこれらの機能は、日常生活における基本的な動作からスポーツ活動に至るまで、幅広い動きをサポートしているんだ!
そのため、これらの筋肉の健康を保つことは、全体的な運動機能の維持に不可欠なんですね!

関連文献

タイトルとURLをコピーしました