不随意運動とは?- 原因・メカニズム・種類などについて

不随意運動とは?- 原因・メカニズム・種類などについて 講座

パーキンソン病などのリハビリの臨床でみられる症状に”不随運動”があります。
本記事ではこの不随意運動について解説します。


不随意運動とは?

不随意運動とは?
随意運動(Involuntary Movement)は、個体が意識的な制御を行わないで発生する運動のことを指します。
これは、通常、中枢神経系の機能や制御の障害によって引き起こされます。
不随意運動は、個体が自覚的に意図することなく、無意識または自律的に発生します。

わかりやすく一言でいえば、本人の意志に関係なく起こる、無意識の筋肉の動きや体の不規則な動作のことです。

不随意運動の原因疾患について

不随意運動の原因疾患について
不随意運動の原因疾患は様々であり、主に…

  • 神経変性疾患
  • 脳疾患
  • 遺伝性疾患
  • 代謝異常
  • 薬物の副作用
  • 脳外傷
  • 感染症
  • 自己免疫疾患

…といった中枢神経系や筋肉制御に関わる様々な要因によって引き起こされます。
以下にそれぞれ解説します。

神経変性疾患

パーキンソン病やハンチントン病など、神経細胞の変性が不随意運動を引き起こすことがあります。

脳疾患

脳の特定の領域に損傷が生じると、舞踏病やバリスムなどの不随意運動が発生することがあります。
例えば、脳血管障害(脳梗塞や脳出血)がこれに該当します。

遺伝性疾患

特定の遺伝子の変異が不随意運動を引き起こすことがあります。ハンチントン舞踏病はその一例です。

代謝異常

代謝異常が中枢神経系に影響を与え、不随意運動が生じることがあります。
例えば、ウイルソン病は銅の代謝異常により不随意運動が現れることがあります1)

薬物の副作用

特定の薬物の副作用として不随意運動が現れることがあります。
これには抗精神病薬、抗うつ薬、抗ヒスタミン薬、抗てんかん薬、抗不整脈薬、胃腸薬などが含まれます 2)

脳外傷

脳に外傷が生じると、不随意運動が生じることがあります。
これは特に特定の脳領域が損傷を受けた場合に起こります。

感染症

特定の感染症が中枢神経系に影響を与え、不随意運動が現れることがあります。
例えば、急性舞踏病(Sydenham chorea)は連鎖球菌感染に関連する病態の一部です。

自己免疫疾患

免疫系が誤って自身の組織を攻撃する自己免疫疾患が、神経組織に対して不随意運動を引き起こすことがあります。

これらの原因は相互に関連しているから、病態生理学的なメカニズムが複雑なんだよね!
正確な診断と治療には、症状や病歴に基づく詳細な検査が必要なんでしょうね!

不随意運動の発生メカニズム

不随意運動の発生メカニズム
そもそも不随意運動はどのような機序で発生するのでしょうか?
結論を言ってしまえば、不随意運動は、運動や姿勢の制御に関与する神経回路や神経伝達物質の異常によって生じることがわかっています。
ここでは…

  • 神経伝達物質の異常
  • 神経回路の以上
  • 遺伝子の異常
  • 代謝異常

…について解説します。

神経伝達物質の異常

中枢神経系では、神経細胞同士が神経伝達物質を介して情報を伝達します。
特にドパミン、セロトニン、アセチルコリンなどの神経伝達物質が運動制御に重要な役割を果たします。
神経伝達物質の放出、受容体への結合、および分解などのプロセスに異常が生じると、運動の調整が崩れ、不随意運動が生じることがあります。

例としてパーキンソン病は、脳内の黒質にあるドパミン神経細胞が壊れて、ドパミンの量が減ることで発症します。

神経回路の異常

中枢神経系の神経回路は複雑で、運動や姿勢の制御に関与します。
特定の神経回路や神経核の損傷、変性、または過度の興奮が不随意運動を引き起こす可能性があります。

例えば、大脳基底核や小脳などの特定の部位に問題が生じると、運動の制御が劣化し、不随意運動が生じることがあります。

遺伝子の異常

特定の遺伝子の変異が不随意運動の発生に関与することがあります。
ハンチントン舞踏病などは、特定の遺伝子の変異によって引き起こされる不随意運動症状が見られる疾患の一例です。

代謝異常

代謝異常が中枢神経系に影響を与え、神経伝達物質の生成や分解に問題が生じることがあります。
ウイルソン病などが代謝異常による不随意運動の原因となることがあります。

不随意運動のメカニズムは様々だけど、比較的多いのは神経伝達物質のドパミンの減少由来のものだろうね!
パーキンソン病が臨床では多く関わる機会がありますからね!

不随意運動の種類

不随意運動の種類
この不随意運動にはさまざまな種類があります。
主なものとして…

  • 舞踏運動
  • 振戦
  • バリスム
  • アテトーゼ
  • ジストニー
  • ジスキネジア
  • ミオクローヌス
  • チック

…などがあげられます。
それぞれ解説します。

舞踏運動(Chorea)

舞踏運動は大脳基底核のアウトプットが減少する状態で生じ、脳器質疾患や神経変性疾患によって引き起こされます。
ヘミコレア–ヘミバリスムスは片側の上下肢を近位部から激しく投げ出す不随意運動を特徴とし、Huntington舞踏病などがこれに関連します。
治療にはドパミン受容体アンタゴニストが使われますが、副作用には注意が必要であり、最近ではVMAT2の阻害薬も使用されています。

振戦(ふるえ)

振戦(しんせん・ふるえ)は、協働筋群と拮抗筋群が律動的に交互に収縮・弛緩することによって引き起こされる不随意な筋肉の揺れや震えのことを指します。
この揺れは通常、特定の姿勢を維持したり、特定の動作を行ったりする際に顕著に現れることがあります。

バリスム(Ballism)

バリスムとは遠位の筋肉が不随意的に大きな動きを行う症状です。
主に片側性のバリスム(ヘミバリスム)が知られており、患側の四肢が大きく振り払うような動きをします。
脳血管障害などが原因となります。

アテトーゼ(Athetosis)

末梢部にあたる筋肉が不随意にゆっくりとした動きを行う症状です。
通常、手や指がゆっくりとした螺旋状の動きをすることが特徴的です。
ジストニーと同様に中枢神経系の異常が原因となります。

ジストニー(Dystonia)

ジストニー(ジストニア)は体幹筋、頸部筋、四肢の近位筋に異常な持続的な筋収縮が現れ、不自然な姿勢や運動が起こる症状です。
捻転ジストニーなど、筋肉が不自然な方向にねじれることがあります。
ジストニーは遺伝性や疾患によって引き起こされることがあります。

ジスキネジア(dyskinesia)

ジスキネジアとは、自分の意志とは関係なく身体が動いてしまう不随意運動の一種で、口をもぐもぐさせる、舌を左右に揺らす、手が常に動いているなど、自然で不規則な動きをします。
ジスキネジアは、脳や神経系に異常がある場合に起こることが多く、老化やパーキンソン病、ジストニア、ハンチントン病などの疾患が原因となることがあります

ミオクローヌス(myoclonus)

オクローヌスは、筋肉が短時間で急激に収縮する不随意運動の一形態です。
これは短い一瞬の間に起こる筋肉の痙攣やけいれんであり、通常は振戦とは異なり、リズミカルではなく非律動的です。
ミオクローヌスは様々な原因によって引き起こされ、末梢神経、脊髄、脳幹、または大脳皮質など、異なる部位で発生することがあります。
また、正常な生理現象としてもみられ、特に入眠時や瞑想時において生じることがあります。

チック(Tic)

チックは、不随意で急激な、反復的な運動や音声の発声などの不随意的な動作や発話を指します。
これは神経系の異常によって引き起こされ、しばしば短時間で急激な特定の動きや音声が繰り返される特徴があります。

不随意運動はその筋肉の動きの違いなどで分けられる場合があるからね!
規則性や早さ、部分的か全身なのかなどによっても区分基準でしょうね!

参考

  • 1)Sundararajan, S. (2018). AN UNUSUAL PRESENTATION OF WILSON’S DISEASE. University Journal of Medicine and Medical Specialities, 4.
  • 2)Pandey, S., Pitakpatapee, Y., Saengphatrachai, W., Chouksey, A., Tripathi, M., & Srivanitchapoom, P. (2023). Drug-Induced Movement Disorders. Seminars in Neurology. https://doi.org/10.1055/s-0043-1763510.

関連文献

タイトルとURLをコピーしました