クローヌス(clonus) – 原因・発生メカニズム・治療

臨床でよくみられる症状に”クローヌス”があります。
本記事ではこのクローヌスの原因や発生メカニズム、治療法などについて解説します。

クローヌスとは?

クローヌスとは、筋肉や腱を不意に伸張したときに生じる規則的かつ律動的に筋収縮を反復する運動のことで、間代と訳されます。
中枢神経性障害においてしばしば併発します。

クローヌスの評価、確認方法

錐体路障害がある場合に確認されやすいクローヌスですが、神経学的診断では膝蓋間代、足間代(足クローヌス)を検査することが多くあります。

特に足クローヌスは錐体路障害がある場合に観察しやすいとされています。
アキレス腱が縮んだ状態(足関節底屈、つま先立ちのような状態)から急に足底を上に押し上げると、下腿三頭筋のクローヌスが起こります。

この際足部が上がったり下がったりする運動(足関節の底背屈)を数回繰り返します。
これはアキレス腱の深部腱反射が亢進していることと同じ意義があり、5回以上の持続的なクローヌスは異常と考え錐体路障害があることを示しています。

クローヌスの発生メカニズムについて

では、このクローヌスはどのように起こるのでしょうか?
クローヌスの正確な発生メカニズムは複雑で、複数の仮説が提案されています。

ここでは、2015年のI. Boyrazらの報告1)より…

  • 自己興奮仮説(Self-Excitation Hypothesis)
  • 中枢発電機活動仮説(Central Oscillator Hypothesis)

…の2つを解説します。

自己興奮仮説(Self-Excitation Hypothesis)

この”自己興奮仮説”によれば、クローヌスは中枢神経系内での特定の神経回路の自己興奮に起因するとされています。
神経回路が過剰に興奮することで、運動ニューロンが過度に活動し、筋肉がリズミカルに繰り返し収縮する現象が生じるとされています。
この自己興奮は通常は制御されていますが、異常な状態ではこの制御が失われることが考えられています。

中枢発電機活動仮説(Central Oscillator Hypothesis)

また、”中枢発電機活動仮説”によれば、クローヌスは中枢神経系内の一種の発電機活動によって引き起こされるとされています。
これは、下位運動ニューロンのリズミカルな刺激が周辺の神経回路に影響を及ぼし、筋肉の繰り返し収縮と弛緩を引き起こすメカニズムです。
この発電機活動は、運動ニューロンが正常に制御されている場合でも、特定の条件下で活性化されることがあります。

クローヌスが発生する疾患は?

クローヌスは、中枢神経系の障害によって引き起こされることが多いです。
臨床では…

  • 脳卒中
  • 脊髄損傷
  • 多発性硬化症
  • パーキンソン病
  • 筋萎縮性側索硬化症(ALS)
  • 脊髄小脳変性症(SCD)

…などの疾患でみられることがあります。

クローヌスの治療法は?

クローヌスの治療法は、症状の原因や重症度に応じて様々なアプローチが考慮されます。
ここでは一般的なクローヌスの治療法として…

  • 薬物療法
  • リハビリテーション
  • 脊髄注入療法
  • 手術治療

…について解説します。

薬物療法

ダントロレンナトリウム: 筋緊張を緩和するための筋弛緩剤として使用されます。中枢神経系への影響は少ないため、運動ニューロンの興奮を抑える効果があります。
チザニジン: 中枢神経系に影響を及ぼすことなく、筋緊張を緩和するための薬剤です。
バクロフェン: 筋緊張を緩和するための薬剤で、中枢神経系に作用し、神経活動を調整します。脳卒中ガイドラインでも推奨されています。

リハビリテーション

リハビリテーションによるアプローチもクローヌスの管理に重要です。
これには運動の制御や筋力を改善するトレーニングが含まれます。
電気刺激を用いたリハビリテーションも効果的な場合があります。

脊髄注入療法

バクロフェンなどの薬剤を脊髄に直接注入する方法もあります。
これにより、脳への影響を避けつつ脊髄レベルでの神経興奮を調整することが可能です。

手術治療

痙縮による特定の症状に対して、手術治療が検討されることがあります。
例えば、内反尖足に対してアキレス腱の延長手術が行われることがあります。

参考

1)Clonus: definition, mechanism, treatment.

タイトルとURLをコピーしました