脳卒中感情障害スケール(JSS-D・JSS-E)- 方法・カットオフ値について

脳卒中感情障害スケール(JSS-D・JSS-E)- 方法・カットオフ値について 検査

脳卒中の後遺症を有する方の感情を把握することって、セラピストにとっては重要なことと言えます。
そこで今回は“脳卒中感情障害スケール(JSS-D・JSS-E)の方法とそれらのカットオフ値について解説します。


脳卒中感情障害(JSS-D・JSS-E)スケールについて

脳卒中感情障害スケールは次の2つのスケールによって構成されています。

  • うつスケール(JSS-D)
  • 情動障害スケール(JSS-E)

脳卒中うつスケール(JSS-D)とは?

脳卒中を発症した患者で2割弱の人が発症早期よりうつ状態である“脳卒中後うつ”と呼ばれる症状に陥るようです。
“脳卒中うつスケール”はこの脳卒中後のうつを評価できる指標になります。

ちなみにこのJSS-Dは“コンジョイント分析(Conjoint analysis)”という手法を取り入れている評価スケールになります。

脳卒中うつスケール(JSS-D)を構成する項目について

JSS-Dは以下の7つの項目により構成されています。

  • 気分
  • 罪責感、絶望感、悲観的考え、自殺念慮
  • 日常活動への興味,楽しみ
  • 精神運動抑制または思考停止
  • 不安・焦燥
  • 睡眠障害
  • 表情
項目   詳細 スコア値
気分 A 気分爽快やうつ気分はなく,普通にみえる -0.98
B 気分がふさいでいる様子がある -0.54
C 気分が沈む,寂しい,悲しいという明らかな訴えや素ぶりがある 1.52
罪責感,絶望感,悲観的考え,自殺念慮 A 特に自分を責める気持ちはなく,将来に希望がある -2.32
B 自分は価値がない人間だと思い,将来に希望をなくしている -0.88
C 明らかな罪責感をもつ(過去に過ちをした,罪深い行為をしたなどと考える)ないしは死にたいという気持ちを持つ 3.19
日常活動(仕事,趣味,娯楽)への興味,楽しみ A 仕事ないしは趣味・娯楽に対して,生き生きと取り組める -1.17
B 仕事ないしは趣味・娯楽に対して,気乗りがしない -0.94
C 仕事ないしは趣味・娯楽に対して完全に興味を喪失し,活動に取り組まない 2.11
精神運動抑制または思考制止 A 十分な活気があり自発的な会話や活動が普通にできる -0.84
B やや生気や意欲に欠け,集中力も鈍い -0.53
C 全く無気力で,ぼんやりしている 1.37
不安・焦燥 A 不安感やいらいら感はない 1.11
B 不安感やいらいら感が認められる -0.64
C いらいら感をコントロールできず,落ち着きない動作・行動がしばしばみられる 1.75
睡眠障害 A よく眠れる -1.83
B よく眠れない(入眠障害/途中覚醒・熟眠障害/早朝覚醒)*複数回答可 -0.64
C 夜間の不穏(せん妄をふくむ)がある 2.47
⑦表情 A 表情は豊かで,明るい -0.52
B 表情が乏しく,暗い -0.79
C 不適切な感情表現(情動失禁など)がある 1.31

脳卒中うつスケール(JSS-D)用紙はこちら

脳卒中うつスケール(JSS-D)の採点方法

各項目に対して当てはまるA,B,Cいずれかのスコア値を合計し,最後にJSS-Dの常数である“9.50”を加えることで、JSS-Dの重症度スコアが計算されます。

脳卒中うつスケール(JSS-D)のカットオフ値について

JSS-Dにおけるカットオフ値は、様々な論文や先行研究を参考にすると“2.4”という値になるようです。
つまりJSS-Dのスコアが2.4以上で「うつ状態あり」と判断すると言えます。

脳卒中情動障害スケール(JSS-E)

ちなみに“情動”とは…

怒り、恐れ、喜び、悲しみなど、比較的急速に引き起こされた一時的で急激な感情の動きのこと。 比較的短期の感情の動き。
引用:wikipedia

…とされています。

脳卒中情動障害スケール(JSS-E)を構成する項目について

JSS-Eは以下の8つの項目で構成されています。

  • 気分
  • 日常生活動作・行動
  • 不安・焦燥
  • 脱抑制行動
  • 睡眠障害
  • 表情
  • 病態・治療に対する対応
  • 対人関係
項目   詳細 スコア値  
気分 A 気分爽快やうつ気分はなく,普通にみえる -0.93
B 気分がふさいでいる様子がある -0.68
C 気分が沈む,寂しい,悲しいという明らかな訴えや素ぶりがある 1.61
日常生活動作・行動(入浴・着替え・洗面・娯楽など)に関する自発性と意欲の低下 A 自発的に活動し,通常の意欲がある -1.05
B 日常生活動作に働きかけが必要で,意欲に欠ける -0.67
  C 働きかけても活動せず,まったく無気力である 1.72
不安・焦燥 A 不安感やいらいら感はない -2.04
B 不安感やいらいら感が認められる -0.44
C いらいら感をコントロールできず,落ち着きない動作・行動がしばしばみられる 2.47
脱抑制行動(易怒性,性的逸脱行動) A 感情や異常な行動を抑制できる -5.53
B 悪態や乱暴な言葉,または軽い性的な言動が見られる(エロチックな発言や体にさわるなど) -0.78
C 異常で明らかな怒りや逸脱行為が見られる(物を投げる,つねる,たたく,ひっかく,蹴る,噛みつく,つばを吐く,叫ぶ,服をかってに脱ぐなどの行動) 6.31
睡眠障害 A よく眠れる -1.72
B よく眠れない(入眠障害/途中覚醒・熟眠障害/早朝覚醒)*複数回答可 -0.98
C 夜間の不穏(せん妄をふくむ)がある 2.70
表情 A 表情は豊かで,明るい -0.80
B 表情が乏しく,暗い -0.45
C 不適切な感情表現(情動失禁など)がある 1.25
病態・治療に対する対応 A 自分の身体の状態を認識し,その治療に前向きである -1.18
B 自分の身体の状態を認識しているが,治療への積極性がない -0.29
C 自分の身体の状態を認識していない 1.47
対人関係 A 家族やスタッフとの交流は良好である -1.30
B 家族やスタッフとのかかわりに消極的で,関心が薄い -0.58
C 周囲との交流はほとんどなく,人との接触に拒否的である 1.89

脳卒中情動障害スケール(JSS-E)用紙はこちら

脳卒中情動障害スケール(JSS-E)の採点方法

各項目に対して当てはまるA,B,Cいずれかのスコア値を合計し,最後にJSS-Eの常数である“14.00”を加えればJSS-Eの重症度スコアが計算されます。

JSS-Eのカットオフ値について

JSS-Eのカットオフ値には6点とされています。
つまり、JSS-Eの得点が6点以上の場合は、脳卒中に伴う情動障害(うつや不安など)があると判断されます。

JSS-DとJSS-Eは同時に評価することができる?

JSS-D、JSS-Eの評価項目のうち、“気分”・“不安・焦燥”・“睡眠障害”・“表情”の4項目はどちらのスケールにも共通する項目です。
つまり、それぞれの各項目を合わせた11項目について評価することで、“JSS-D”と“JSS-E”の両方同時に…“JSS-DE”として使用できるということになります!
[
脳卒中感情障害(うつ・情動障害)スケール同時評価表 Japan Stroke Scale(JSS-DE)用紙はこちら

心理、感情というものさしでは測りにくい部分を、少しでも定量的に測ることは比較検討、経時的な変化を追うためにも必要なことといえるね!
この部分をしっかり支援することで、意欲にもつながり、結果社会参加にまでつなげることができるんだと思うんです!

関連文献

タイトルとURLをコピーしました